ロッククライミングとアイスクライミング 山を登るための技術

こんにちは♪
うっちゃんです(;'∀')

 

通信インフラがようやく整って投稿を再開できそうです(^_^)

しばらく時間が空いてしまいましたが前回はボルダリングについてのお話をしましたが、今回はロッククライミングについてお話します♪

 

ロッククライミングは前回ご紹介したボルダリングとの違いとしてまずは目的の違いがあげられます!
ボルダリングなどのスポーツクライミングは登ること自体を楽しむことを目的としているのに対してロッククライミングは山頂へ至ることを目的としてその手段として行われています!

そしてロッククライミングの手段としてボルダリングを含む道具を使用しないフリークライミングがありますが、ロッククライミングにはさまざまな道具が使用されることがあります♪

なかでも岩壁を登る場合には壁面に直接ボルトと呼ばれる金具をを打ち込んだりハーケンと呼ばれる鉤状の杭を壁の割れ目などに打ち込んで固定したテントで眠るクライマーもいます😲
そして岩場に直接打ち込み登ったあとにボルトが残されて行きます。
その古いボルトを再利用することもあるようですがどの程度劣化しているのかは外観から判断するのは難しいので細心の注意が必要であるといいます(-ω-;)

 

また岩壁を登るロッククライミングとは別に氷壁や雪壁あるいは凍った滝を登ることをアイスクライミングというものもあります!
主にアイゼンと呼ばれる靴に装着する金具とピッケルを使い、ロッククライミング同様にハーケンやスクリューという道具を壁面に打ち込み登っていくのがアイスクライミングです♪

ロッククライミングとアイスクライミングはともに大きい危険をともなうものですがこれらの登攀技術を身に付けることで登山の幅が大きく広がることでしょう😊

 

ということで今回はここまで!
お付き合いいただきありがとうございました(^^)/